野田です!(^^)!

 

 

今回は、お客様のM氏からご紹介頂いた瀬高町のK様の工事です。

夜中に、インターホンから音が出るという事で

インターホンのリニューアル工事に行って参りました。

 

想像すると怖いですね

夜中に「ピンポーン」「ピンポーン」笑

 

犯人はこのお方

before写真

 

 

長年使用してあるので、接点不良ですね。

分解、清掃すれば使えますが、カメラ付きが欲しいとの事で交換

させて、頂きました!(^^)!

 

AFTER写真

 

 

 

室内、親機、撮り忘れました(ゴメンさい)

本当は、自分の顔が映っているモニター画面を載せるつもりでした(笑)

 

 

ビデオ機能も付いてますので、防犯にもつながりますね!(^^)!

これで、夜中に音はなりません(笑)

ゆっくりと、おやすみください。

 

今回も工事中に、御年80才になられる、おばあちゃんと色々と

お話しさせて頂きました。

おばあちゃん「あんた、長田かんも?」

野田    「はい、長田ですよー??」

おばあちゃん「私も、長田ん鉱泉場の裏から来たたんも」(嫁に来た)

野田    「まじっすか?」

おばあちゃん「あんた、力さんの息子かん?」(私の父)

アハハ、すべて知ってあるんですね(笑)

こんな、やりとりの中、今日の一番印象に残ったお話し。

 

おばあちゃん「私しゃ、22才で嫁に来た時、いつも、姑にいじめられとって

部屋の片隅で泣きよったたんも」

「私ゃ、22で、なーんでけんやったけん、しょんなかばってん」

野田    「あー昔は、そげんやったですもんねー、うちの母も

苦労しょうらしたつば、覚えとっですよー」

おばあちゃん「ひと泣き、柱一本ち、よー姑からゆわれよった」

野田    「・・・?」

 

野田    「ひと泣き、柱一本・・・ち、なんですか?」

おばあちゃん「一回、泣くたびに、家の柱が嫁の物になるっちゅー意味たい」

 

凄い時代ですね。

なんか色々と考えさせられました。

本当に激動の時代を生き抜いてこられたおばあちゃま、尊敬致します!(^^)!

お孫さんも、今年から山形のお医者さんになられるそうで、苦労しながらも

立派に子育てされたんでしょうね。

私も、まだまだ頑張らねば。

御婆ちゃん、色々お話しできて良かったです!

いつまでも、お元気でいらしてください!(^^)!

 

あっそれと、お漬物、とても美味しかったです。

有難うございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です